医療・介護現場ではなく、企業で働く看護師を一般的に産業看護師(企業看護師)といいます。また勤務先は一般企業、治験、臨床開発モニターやコールセンターなど、業種は様々です。

ここでは、一般企業で働く看護師の仕事内容、1日の流れ、平均給与、向いているタイプなどをご紹介します。

一般企業で働く看護師の仕事・業務内容

比較的規模の大きな企業では、医務室や健康管理部門が設置されています。そこで看護師は、健康診断の実施とフィードバックまでを担当するのをはじめ、保健指導や健康相談、急病やケガの処置を行います。病院勤務の看護師を病院看護師と呼ぶのに対し、一般企業の場合は産業看護師や企業看護師と呼びます。

このほか、一般企業での看護師の活躍の場はたくさんあります。治験を受託する企業で業務サポートをする治験コーディネーター(CRC)、治験のモニタリングをする臨床開発モニター(CRA)、医療機器メーカーで営業をサポートするクリニカルスペシャリストなど。さらにまた、製薬会社や医療機器メーカー、保険会社などのコールセンターなどで問い合わせや健康相談に応じる仕事もあります。

一般企業で働く看護師の1日のスケジュール(例)

■09:00 始業
メールチェックをし、返信が必要なものはその場で即返信。本日のスケジュールを確認し、業務開始。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
■10:00 面談の連絡
健康診断の結果を確認し、産業医との面談を希望する人に対応し、日程をセッティング。また、こちらから面談が必要と思う人にメールや電話で連絡します。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
■11:00 面談
産業医による面談のためのカルテ等を準備し、面談に同席します。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
■12:00 昼休み
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
■13:00 カルテ入力
健康診断の結果を電子カルテに入力。数年間の健康状態が一目でわかるよう工夫してデータ化しています。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
■15:00 研修資料作成
総務部主催の健康増進教育研修のための資料を作成します。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
■16:00 カンファレンス
健康診断後のフォローアップを今後どうしていくか、産業医と話し合います。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
■17:00 終業

一般企業で働く看護師の平均年収

一般企業で働く看護師の平均給料
企業の医務室や健康管理室に限って言えば、夜勤や残業もほとんどありません。会社によりますが、ほぼ9時5時勤務のため、病棟勤務の平均年収より下がり、450~500万ほどとなっています。企業の規模が大きいほど年収が上がる傾向にあるのは一般的なOLと同じです。一方、治験コーディネーターや臨床開発モニターは年収が高く、600万円以上というケースも。その分業務内容はハードで、高いパフォーマンスが求められます。

一般企業で働く看護師 メリット・デメリット

基本的に夜勤がなく、土日祝日が休日。病院などと違って立ちっぱなしで働くことはなく、PCでのデータ管理などデスクワークが中心。体力的にも心理的にも負担が少ないため、ワークライフバランスを考えた働き方をすることができます。

ただし、医療処置を行う機会も少ないため、医療のスキルを高めることはできません。将来、臨床の現場に戻る予定なら、看護師としての腕が落ちることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。その分、PCスキルやビジネスマナーが身に付くほか、さまざまな職種や領域の従業員と接して得られる気づきは新鮮で、仕事や働き方、社会に対する視野を広げられるのもメリットです。

また、看護師の同僚は少なく、多くて数名、なかには一人勤務体制の企業もあります。病院ならチームが変われば雰囲気が変わり、患者も次々に入れ替わり、毎日必ず変化がありますが、そうした刺激は少なくなります。自分で課題を見つけたり目標を設定しないと仕事がルーティンワーク化する可能性があるため、相談相手やメンターのような役割をしてくれる人を部署や社内を超えて見つける必要があります。

急病やケガに対応したいという人は、テーマパークや百貨店、空港などの看護室も選択肢の一つです。また、外に出、あちこち飛び歩いて働きたい人は治験コーディネーターや臨床開発モニターなどがおすすめです。

一般企業で働く看護師のスキル・資格

産業看護師というのは資格ではなく、通称です。看護師や准看護師であれば業務は十分こなせますが、数年の臨床経験を求める企業が多いようです。また、保健師に限って採用する企業もあります。とくに応募条件になっていなくても、保健師資格をもっていると有利です。現役看護師がこれから保健師の資格取得をめざすのは経済的にも時間的にも簡単なことではありませんが、今後のステップアップ目標にするのもいいかもしれません。

一般企業で働く看護師が向いているタイプ

一般企業の看護師に向いているタイプ
看護師の転職動機の一つとして、「医療以外の世界を知ってみたい」という話を聞くことがあります。このように、いままでとまったく違う環境で新しい働き方を見つけたい人におすすめなのが一般企業です。業種が異なるのはもちろん、対象とするのは患者ではなく健康状態の働く人々です。そうした人たちが毎日元気に働き、暮らしていくためのお手伝いをしたい人におすすめです。

最近は働き方改革も進み、生活習慣病の予防など、健康的な生活への意識も高まっています。とはいえ、仕事に追われているとそうした生活はなかなかしにくいのも現実です。また、近年は仕事上でさまざまなストレスを抱えている人が増えています。ストレスがたまることで、体の不調のほか、自律神経失調症やうつ病などの病気を引き起こすリスクも高まります。心のケアについては専門のカウンセラーが対応しますが、面談で話を聞くこともあります。職場のメンタルヘルス対策などに興味がある人は勉強してみるのもいいでしょう。